最適な歯医者を選ぶ【インターネットで賢く検索!】

歯科

親知らずを抜く場合

歯医者

上顎と下顎を合わせて永久歯は全部で32本あります。永久歯の中で最後に生えてくる歯は親知らずと呼ばれており、20歳前後に一番奥に生えてきます。親知らずは口の中でトラブルを引き起こす原因としても知られています。なぜ親知らずが口のトラブルの原因に繋がるのかというと、現代の食生活の変化に問題があります。ほとんどの食品が加工されているため、硬いものを噛む習慣が減ったため人間の顎は退化し、小さくなってしまったのです。歯の大きさや本数に変わりはないため、顎が退化したことで最後に生えてくる親知らずのスペースがなくなってしまいトラブルに繋がってしまうのです。生えるスペースが十分に確保できていないため、親知らずはまっすぐ生えることができません。口の中のトラブルの原因の1つである親知らずですが、中にはトラブルを引き起こさない親知らずもあります。その場合抜歯の必要はないのです。親知らずを抜く場合は、まっすぐ生えていない場合や親知らずと噛み合う歯がない場合、ほかの歯に悪影響を及ぼす場合など、矯正治療やインプラント治療を行なう際に親知らずがあることで口の中に悪影響が出る場合が挙げられます。

大阪で親知らずによる口のトラブルに悩まされている人は、歯医者に相談すると良いでしょう。大阪の歯医者には親知らずに対応している歯医者が多く、抜歯の際も分かりやすく丁寧に説明してくれます。大阪で親知らずに悩まされているという人は歯医者に相談して、トラブルを解決しましょう。インターネットでは多くの大阪の歯医者を紹介しているサイトがあります。ランキングサイト形式で紹介されているサイトもあれば、口コミが記載されているサイトもあるので、歯医者探しの参考にしてみると良いでしょう。